『つえ』の正しい使い方と歩き方Part2 階段編

杖 正しい歩き方 使い方 階段 上り下り脚・膝の痛み

前回に引き続き、杖の使い方です。
意外と知らない『つえ』の正しい使い方と歩き方を参考の上、お読みください。

今回は階段編です

エレベーターやエスカレーターがあればいいけど、
どうしても階段しかない!!
そんなとき杖をお持ちの方は大変ですよね。

荷物はあるし
杖はあるし
なにより足が痛い

杖を使っての、
正しい階段の上り方・下り方ってご存知ですか?

【階段上り】

①つえ
②健側下肢
③患側下肢 …⇩

つまり、左足が痛くて右手で杖を持つ場合は、
①右手の杖を一段上に
②右足で一段上がる
③左足も一段上がる

【階段下り】

①つえ
②患側下肢
③健側下肢…⇩

つまり、左足が痛くて右手で杖を持つ場合は、
①右手の杖を一段下に
②左足を一段下へ
③右足も一段下へ

【まとめ】

階段はとても危険です⚠
焦らず ゆっくり、を 心掛けてくださいね。

無理に杖を使わず、手すりが楽であれば、それでもいいです。
ご自身のやりやすさ が、一番です。

今日の午後と明日は大阪で勉強会のため休診にさせていただきます。
ご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願いします。

【柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 徳田眞一 監修】

友だち追加
※LINE@からのご相談やご予約も可能です(友だち追加をクリック!!)

ご予約についてはこちらから

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
鎌倉市 七里ヶ浜 で 肩こり 腰痛 骨盤矯正 骨格矯正 整体 なら

~ さんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院 ~

コンセプトは
『新しく達成したい!出来るようになりたい!!という目標達成の手助けをする』

柔道整復師・はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師
4つの厚生労働大臣認可の国家資格を持ち、

大阪・兵庫・京都・神奈川の鍼灸 整骨院をはじめ整形外科など
臨床経験10年以上の院長が全て施術に入ります

今あなたにとって必要な施術を選択し、
“その場かぎり”の治療ではなく原因を治療する<オーダーメイド治療>を心掛けています
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
〒248-0025
鎌倉市七里ガ浜東4丁目2-13
📞0467-53-9961
さんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院
アクセス

タイトルとURLをコピーしました