寝そべった座り方でお尻や腰が痛い!それは骨盤の痛み?

座り方 坐骨神経痛 骨盤矯正 骨格矯正 しびれ ゆがみ背中・腰・お尻(臀部)の痛み

座椅子やリクライニングチェアってついつい座ってしまいませんか?
背もたれに寝そべったように、もたれて座ると楽なんですよねえ。

がしかしその座り方、腰や骨盤に負担がかかります。

食卓の椅子で背もたれに寄りかかって座ったり
デスクワーク・テレワーク中気付いたら背もたれに深く寄りかかっていたり
電車で浅く座ったり
壁にもたれたり…

新幹線でシートを倒して座ったり
車のシートを倒して座ったり
飛行機で足を伸ばして座ったり
映画館でも…

思えば、きりがないくらいにリクライニングシートって利用しています。
でも、立ち上がるときに、イテテとなる瞬間はありませんか?

今回はそんなお悩みの方へ書いていきます。

【リクライニングで座ったときの身体への影響】

荷重の位置は?

姿勢によって大きく変わるのが、体重が掛かる部分です。
骨盤は、寛骨かんこつ(腸骨/坐骨/恥骨)・仙骨せんこつ尾骨びこつに分かれています。


真っすぐ座ったときは、坐骨に体重が乗っています。

対して、リクライニングで座った場合はどのあたりに荷重がかかると思いますか?

身体が後ろへ倒れると尾骨や仙骨という骨あたりに体重が乗ります。

それの何がいけないの?という声が聞こえてきそうですね。
では実際に見ていきましょう。

骨の問題点

尾骨や仙骨に体重が加わることで、
仙腸関節という、お尻の真ん中にある関節に影響を与えます。
仙骨の上には、腰椎という腰の骨が乗っており、
リクライニングで座ることにより、
仙骨を頭側へ突き上げてしまいます。
すると仙骨と腰の間の隙間が減り、腰痛の原因となります。

さらにこの骨に体重が乗ることで、
本来あまり動きのない仙腸関節に圧迫が加わり、痛みが生じます。

筋肉の問題点

仙腸関節の周辺には筋肉がたくさん着いています。

リクライニングで座ることでお尻の筋肉が固くなります。
その中でも特に影響を受けてしまうのが 梨状筋りじょうきん です。

この筋肉は仙骨についているため、硬くなることで引っ張られてしまい、痛みが出ます。
さらに下には坐骨神経という、人体で最大の末梢神経が存在し、
圧迫されると神経痛が出ることもあります。

坐骨神経痛…ですね。

神経の問題点

梨状筋が硬くなり坐骨神経を圧迫すると坐骨神経痛の始まりです。

主に、足のしびれや重だるいと言った症状がでます。
詳しくは下のブログをご覧ください。

 

【どんな症状が出るの!?】

リクライニングで座っている間は骨盤が安定していても、
立ち上がろうとすると急に安定性がなくなります。

更に圧迫を加えていたことで痛みが出ます。

この痛みを放っておくと…
・お尻の真ん中あたりの骨が痛い
・お尻が痛い
鼠径部そけいぶや股関節(足の付け根)が痛い
・腰の下の方がつらい
・脚全体に重怠さや痛み、しびれ
というような腰から脚全体に症状が出てきます。

【自分で診察してみよう!】

リクライニングで座る癖があり、似たような症状のお持ちの方は、
一度チェックしてみてください。

✔仰向けで寝て、片側の膝をたて外側へ開けると痛い
✔ベッドに仰向けで寝て、片足を床に落とすと痛い
✔お尻の真ん中の骨を押すと痛い
✔片足立ちや大股で歩くと痛い
✔体操座り(三角座り)で痛い
✔産後である
✔あぐらが痛い(足が開かない)
✔足にしびれがある
✔お尻の真ん中や腰に痛み、違和感がある

いかがでしょうか。

当てはまる方は、仙腸関節に問題があるかもしれません。
3つ以上当てはまる方は、早めに治療しておいた方がいいかもしれません。
5つ以上当てはまる場合はぜひともお電話ください。
📞0467-53-9961

【治療法は!?】

インターネットなどで調べると、骨盤ベルトで閉めましょう!
という情報が多くみられますね。

もちろんコレも間違いではありませんが、
仙腸関節に歪みがある状態でしめてもそれは、ネジが噛み合っていない状態です。

骨盤ベルトを着用する前に
骨盤をきちんと正しい位置に矯正してあげることが必須となります。

また、ネットで調べて骨盤ベルトを使用している方の多くに、
常に着用しているという方がいます。

骨盤ベルトやコルセットは癖になり、
外すと不安感が取れなかったり、筋力が落ちる…ということがあります。

それ以外にも、
仙骨と後頭部には脳脊髄膜液という液が循環しており、
骨盤ベルトで常にしめていると…
脳脊髄膜液の循環が悪くなり、頭痛が出ることがあります。

骨盤ベルトをしている方で頭痛をお持ちの方は外してみるのも1つです。

つまり、
①骨盤を正しい位置に矯正
②周辺の筋肉を緩める
③骨盤ベルトで締める
④(状態によっては)一週間以内に骨盤ベルトを取る
というのが一番早く治す方法です。

【まとめ】

リクライニングで座り、立ち上がろうとしてイタタ…
という経験をされている方は多いのではないでしょうか。

特に産後は骨盤が開いているため、
仙腸関節痛も起こりやすくなります。
さらに授乳時の姿勢…お腹に赤ちゃんを乗せてリクライニング…してませんか?

産後は骨盤を締めるチャンスでもあります。

なぜ、産後のことを書いたのかというと、
仙腸関節に痛みがある方への治療法は、
産後の骨盤矯正と似ている部分があるためです。

①骨盤を正しい位置に矯正
②開いた骨盤をしめる
③周辺の筋肉を緩める
④骨盤ベルトでしめる… という治療法です。

骨盤は身体の中心で、さらに上半身の土台となる部分です。
寝そべった座り方を続けると、様々な症状を生むこともありえます。

もし、股関節が開かない・開きにくいなどの症状のお持ちの方は、
仙腸関節痛の前兆でもあるかもしれません。

骨盤の矯正は、セルフでは、ある程度可能でも、
実際に診てみないことには、はっきりとお伝えすることができないため、
すでに思い当たる症状がある・症状で困っている…
そんな方は当院へご相談ください。

【柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 徳田眞一 監修】

友だち追加
※LINE@からのご相談やご予約も可能です(友だち追加をクリック!!)

ご予約についてはこちらから

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
鎌倉市 七里ヶ浜 で 肩こり 腰痛 骨盤矯正 骨格矯正 整体 なら

~ さんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院 ~

コンセプトは
『新しく達成したい!出来るようになりたい!!という目標達成の手助けをする』

柔道整復師・はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師
4つの厚生労働大臣認可の国家資格を持ち、

大阪・兵庫・京都・神奈川の鍼灸 整骨院をはじめ整形外科など
臨床経験10年以上の院長が全て施術に入ります

今あなたにとって必要な施術を選択し、
“その場かぎり”の治療ではなく原因を治療する<オーダーメイド治療>を心掛けています
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
〒248-0025
鎌倉市七里ガ浜東4丁目2-13
📞0467-53-9961
さんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院
アクセス

タイトルとURLをコピーしました