膝の水を抜いた方がいいかな!?そんなお悩みをお持ちの方へ

脚・膝の痛み

膝の水を抜くと癖になる
そんな噂を聞いたことありませんか?

結論からいうと抜かなくていいです。

膝に水が溜まると
膝がパンパンで曲がりにくい
腫れている感じがする
チクチク痛む
だから早く水を抜かないと・・・

そんな膝に水が溜まっている方へ
ブログを読んでからではいけませんか?

 

まずは膝に水が溜まるとは?

関節の中には、正常でも滑液という潤滑油が存在します。
関節を滑らかに動かしたり・栄養を与えたり・排出や吸収の役目があります。
これは滑膜という関節の内面を覆う膜で造られます。
その滑液が増えた状態が膝に水が溜まった状態です(=関節水腫)

疑問が起こりませんか?
えっ滑液つまり潤滑油が増えたら動きよくなるんじゃないの?
と思いませんか?

実は滑液の成分に違いがあります。

正常な滑液 → 粘り気があり黄色透明
異常な滑液 → サラサラで濁っている

つまり炎症が起こって溜まる滑液は、
ただ関節をパンパンにしているだけなんです。

 

何が原因で滑液は増えるのでしょう!?

炎症が起こることにより、滑膜を刺激し異常に滑液を造ることが原因です。
では炎症が起こるにはどんなことがあるのでしょうか?

◇変形性関節症
これは文字通り関節が変形してしまい軟骨減り関節で摩擦が起き炎症が起こります。
有名なのはO脚による変形性膝関節症です。

◇加齢
年齢とともに軟骨つまり関節のクッションが減ります。
するとクッションが無い分、関節内で摩擦が起こり炎症となります。

◇外傷
これはスポーツなどで膝をケガした
転倒して膝を捻ってしまったなどのいわゆる外傷です。

◇病気
例えば関節リウマチは滑膜に異常が起こります。
つまり持続的に滑膜を刺激し関節水腫が起こります。
場合によっては抜いてあげたほうがいいこともあります。

◇その他

炎症が起こると滑液を増やし、炎症を抑えようとします。
炎(ほのお)と書くように、何か痛みが加わると身体は治そうとします。
治す過程でエネルギーを使うため熱が生じます。つまり炎症です。
炎(ほのお)を消すにはどうしますか?水です。
これこそが関節水腫です。

 

なぜ水を抜いてはいけないのでしょう。

炎症がある状態で水を抜くとどうでしょうか?
また水が溜まりませんか?
つまり、水を抜くと癖になるわけではなく、
炎症が残っている状態で抜いても、また出てきてしまうんです。

では、どうすればいいの?
と声が聞こえそうですが、まず自宅で出来ることの一つにアイシングがあります。
関節の炎症には湿布でも痛み止めでもなく氷で冷やすことです。
湿布はメンソールが塗られているため冷えて感じています。
温かい飲み物に湿布を貼っても冷えませんよね!?
痛み止めを飲んだら痛みは減るかもしれませんが膝の炎症は取れていません

つまり炎症が残っている状態です。

アイシングを作ります。
ビニール袋(あれば氷嚢)に氷を入れて水を少し入れ空気を抜きます。
そのまま15分ほど冷やしてみてください。
(凍傷にはご注意ください)

ポイントは膝全体を冷やすことが重要です。

いやー冷えると膝が痛むしと思われるかも知れませんが、
それは表面だけが冷えているからなんです。
アイシングは深部まで冷えるので大丈夫ですよ。
是非やってみてください。

 

まとめ

もし関節の中で炎症が残っていたら

関節に炎症 → 滑液が増える(関節水腫) → 水を抜く → 水が溜まる

膝の水は炎症が無くなれば自然と吸収されてなくなります。
炎症がある状態では、いくら水を抜いてもまた水が出てきます。
まずは炎症を引かせるためにアイシングをしてみてください。

水を抜いてしまった!!
と思われた方もいるかもしれませんが、
大丈夫ですよ。

問題は何度も抜くと炎症があっても、もういいや何度造っても無くなるし
と身体は判断し滑液を造らなくなります。
先程も書きましたが、滑液は潤滑油です。
無くなると摩擦は起こるし、滑液を造ってくれない
そんなことにもなります。

当院でも関節水腫に対しての治療もおこなっておりますので、
何だか膝が腫れぼったい
痛みがある
膝がパンパンだ
もう何度か水を抜いている
そんな方は早めに治療をおすすめします。

一緒に膝に水が溜まりにくい身体作りをしませんか?
当院では
・関節に捻じれがあると炎症を起こしやすくなります
・関節の炎症は鍼が効きます(苦手な方は他の方法で)
・当院に置いているハイチャージで炎症を引かせます
・その後に固定(圧迫)をすることが重要です

組み合わせることで更に効果を発揮します。
何かお困りの際は当院へご相談ください。

【柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 徳田眞一 監修】

 

友だち追加
※LINE@からのご相談やご予約も可能です(友だち追加をクリック!!)

ご予約についてはこちらから

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
鎌倉市 七里ヶ浜 で 肩こり 腰痛 骨盤矯正 骨格矯正 整体 なら

~ さんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院 ~

コンセプトは
『新しく達成したい!出来るようになりたい!!という目標達成の手助けをする』

柔道整復師・はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師
4つの厚生労働大臣認可の国家資格を持ち、

大阪・兵庫・京都・神奈川の鍼灸 整骨院をはじめ整形外科など
臨床経験10年以上の院長が全て施術に入ります

今あなたにとって必要な施術を選択し、
“その場かぎり”の治療ではなく原因を治療する<オーダーメイド治療>を心掛けています
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
〒248-0025
鎌倉市七里ガ浜東4丁目2-13
📞0467-53-9961
さんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院
アクセス