水泳クロールの肩痛!のセルフケア

首(頚)・肩・腕・肘の痛み

今、パンパシフィック選手権が行われています。
日本もメダルラッシュですね。
競泳は思わず声が出てしまうほど、応援してしまいますね。
ということで今回は競泳の中でもクロール編です。
私の妻も競泳をしていた当時は毎日、最低5,000m~10,000m以上泳いでいたそうです。
しっかりとメンテナンスをしないと身体はボロボロになってしまいます。

もう泳ぐのが嫌だ
日常生活でも痛いのにまた練習
タイムも伸びない
あー試合も近いのに・・・

そんな競泳選手へ向けて書いていきます。

 

【クロールでの痛みの原因は?】

ローリングという泳ぐ際の、バタ足や腕の動作に合わせて体を左右に傾ける(自然に傾く)動作、
このローリングのタイミングが悪くなると、
肩関節の内旋が強くなり肩を痛めやすくなります。

つまり肩関節という関節は内側に捻じれた状態では、
衝突や摩擦が起こり痛みが生じてしまいます。

衝突や摩擦が何度も起こることにより、
足でいうとマメみたいなものが肩に起こり、
肩を動かすたび痛みが生じるようになってしまいます。

水泳は全身運動といわれるように、骨格の動きが重要になります。

歪みや関節の固さ、またはゆるみ過ぎなどの原因があると
肩の痛みに繋がっていきます。

 

【チェック方法と改善策】

今回は肩の痛みですが、
骨盤の動きに注目してみましょう。

肩の痛みは肩だけの治療ではよくなりません。
当院で治療する際は、肩のみではなく鎖骨、肋骨など肩周辺はもちろん、
骨盤の動きも診ます。

骨盤の捻じれは身体をひねる時の制限となります。
つまりクロールの際に、バランスが悪くなってしまいます。

チェック方向

まずは可動域のチェックをします。
胸の前で手の平同士を合わせます。
そのまま左右に身体を捻ります。
左右差がある場合は骨盤のズレがあります。

改善方法

仰向けで寝ます。
臀部をストレッチするように、
膝を抱え逆の肩へ近づけます。(30秒)
次は逆という風に3セット行います。(30秒)
例)右→左→右→左→右→左 または
左→右→左→右→左→右

これで簡単な骨盤の捻じれの改善ができます。
ただし、完全に矯正されるわけではありません。

先程も書いたように水泳は全身運動です。
骨盤だけじゃなく全体の骨の歪みを見て欲しい
そんな方は私にご相談ください。

続編は背泳の肩痛について書いていきます。
お楽しみに

【柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 徳田眞一 監修】

 

友だち追加
※LINE@からのご相談やご予約も可能です(友だち追加をクリック!!)

ご予約についてはこちらから

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
鎌倉市 七里ヶ浜 で 肩こり 腰痛 骨盤矯正 骨格矯正 整体 なら

~ さんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院 ~

コンセプトは
『新しく達成したい!出来るようになりたい!!という目標達成の手助けをする』

柔道整復師・はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師
4つの厚生労働大臣認可の国家資格を持ち、

大阪・兵庫・京都・神奈川の鍼灸 整骨院をはじめ整形外科など
臨床経験10年以上の院長が全て施術に入ります

今あなたにとって必要な施術を選択し、
“その場かぎり”の治療ではなく原因を治療する<オーダーメイド治療>を心掛けています
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
〒248-0025
鎌倉市七里ガ浜東4丁目2-13
📞0467-53-9961
さんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院
アクセス

タイトルとURLをコピーしました