諦めてませんか?台風や雨で痛む膝痛!

今日7月28日は私の誕生日ですが、あいにくの台風です。
皆さんも台風にご注意ください。

台風や雨の降る前後って古傷が痛むって聞いたことないですか?
その中でも今回は膝痛について書いていきます。

雨が降りそう・・・

膝がうずくな
何だか腫れぼったいな
痛くて動くのも嫌だな
と思う方も多いのではないでしょうか?

 

【なぜ台風や雨の前後は膝が痛むの!?】

これは気圧の変動が原因です。
意外と台風がきてしまえば平気・雨が降ってしまえば大丈夫
という経験はありませんか!?

台風がくる前・通り過ぎるとき
雨が降りそう・雨が通り過ぎるとき

気圧の変動が多くなります。
なので台風や雨の前後に痛むことが多いんです。
では、なぜ気圧の変化で痛むのでしょう!?

トンネルに入ると耳がキーンとなったり
山の上に行くとお菓子の袋がパンパンになったり
皆さんも一度は経験されたことがありますよね。

実は身体でも同じような現象が起こっています。

関節がポキッと鳴るとスッキリすることってないですか?
あれは関節の空気が抜けて圧力が抜けた状態です。
つまり、気圧の変動が強いときは、関節の圧力を抜く必要があります。

 

【そんな時の改善策3選!!】

非常にシンプルです。

圧力を抜く
勿論、ポキッとなるとスッキリはしますが、
知識の無い方がむやみやたらに鳴らすと骨のズレが生じ結果悪くなることがあります。
骨のズレは炎症を起こしやすくなり、関節に水が溜まることにもなります。
無理に鳴らすのはやめてください。

では膝痛の改善策3選!!

①まずは関節を擦る
擦って温めることによって筋肉が緩み血流改善します。
すると関節に隙間ができ良いです。

②軽く叩く
関節に空気があると圧力で痛みます。
赤ちゃんにげっぷを出させるとき、
背中をトントン優しく叩きますよね!?
あれで空気やガスを出すのと同じです。

③膝の屈伸
皆さん屈伸って立ったままで、
膝を曲げて地面にお尻が着くくらい曲げるイメージですよね?
これは膝が曲がった上に体重が乗るため、
逆に膝の関節を痛めることがあります。
椅子に座り膝を曲げ伸ばしする程度で大丈夫です。

【まとめ】

こちらの改善策ですべてが良くなる訳ではありません。

今日みたいに台風の日や雨の降りそうなときの、豆知識として覚えておいてください。

今回は膝について書きましたが、
台風や雨の日は膝に限らず、全ての関節や古傷に痛みを出させます。
・擦る
・叩く
・動かす
これだけでも少しは違うと思いますので、やってみてください。

そもそも古傷は放っておいても良くはなりません。
一度痛めるとキズを治そうと瘡蓋(かさぶた)のようなものを作ります。
これが深部で眠っているために、瘡蓋が剥がれて痛むというのを繰り返してしまいます。

その瘡蓋の治療をすれば症状は改善します。

ただし、膝が痛いからといって膝だけの治療をして良くなっても、また痛みが出てきます。

これは原因が取れていないからです。

そもそも、原因があって膝に負担がかかっていたから痛みが出たんです。
つまり、原因を治療する必要があります。

当院は原因から施術します。
本気で治したい。改善したい。
そんな方は私にご相談ください。

【柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 徳田眞一 監修】

 

友だち追加
※LINE@からのご相談やご予約も可能です(友だち追加をクリック!!)

ご予約についてはこちらから

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
鎌倉市 七里ヶ浜 で 肩こり 腰痛 骨盤矯正 骨格矯正 整体 なら

~ さんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院 ~

コンセプトは
『新しく達成したい!出来るようになりたい!!という目標に向かって手助けする』

柔道整復師・はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師
4つの厚生労働大臣認可の国家資格を持ち、

大阪・兵庫・京都・神奈川の鍼灸 整骨院をはじめ整形外科など
臨床経験10年以上の院長が全て施術に入ります

今あなたにとって必要な施術を選択し、
“その場かぎり”の治療ではなく原因を治療する<オーダーメイド治療>を心掛けています
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
〒248-0025
鎌倉市七里ガ浜東4丁目2-13
📞0467-53-9961
さんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院
アクセス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA