腕全体がしびれるような…重いような…そんなあなたの原因とセルフケア

首(頚)・肩・腕・肘の痛み

あー洗濯物干さなきゃ
洗濯干してると何だか腕がだるいなーーー
仕事行かなきゃ
満員電車で揺れるしつり革を持っておこう
何だ腕がしびれるな
手を振っても治ることもなく
最近、指先が冷えるし肩こりもひどいし首も回らないし
ちょっと整形外科で一度診て貰おうかしら・・・

そんなあなたは整形外科で診てもらうことにしました。

レントゲンを撮って

結果は・・・

・骨の隙間が狭くなってるね(頚椎症)

・少しヘルニア気味だね(頚椎ヘルニア)

・レントゲンでは問題ないね

・肩こりだね  など

湿布と痛み止め・血流を良くする薬
出しとくから、また気になるようなら来てね!!

そんな感じではないでしょうか?

これでは今の症状は良くならないかもしれません。

そんなあなたへ書いていきます。

【原因はどこにあるの?】

今のあなたの症状は首から出ている神経ではなく。
もう少し末端のほうに原因があります。

どういうこと?という声が聞こえてきそうなので・・・

今の症状は腕全体というのがポイントになってきます。
頚椎症による神経の圧迫やヘルニアによる神経の圧迫は
神経根という根っこでの圧迫のため、
その神経が指令を与えている部分がしびれます。
つまりポイントでしびれます。

例)親指あたり、小指あたり、腕のこの辺 など

では今回のような腕全体がという方は首の根っこ部分ではなく、
もう少しだけ遠くに原因があることになります。

正座をしたときのしびれを想像してみてください。
ふくらはぎは
ポイントでしびれますか?それとも全体?

後者の方です。
神経はたくさん枝分かれをしています。
その枝分かれをした神経を圧迫すると、そこから下に症状が出ます。

つまり正座のように総腓骨神経という神経が圧迫が加わると、
そこから下全体がしびれます。

つまり、腕全体がしびれている方や重だるく感じている方は、
その部分から少し上に原因があることが考えられます。

【実際どこで圧迫してんの?】

首の根っこには原因が少ないことが分かりました。
では実際どこで圧迫をして血流が悪くなりしびれているのでしょうか?

その代表的な場所が首の前での圧迫です。
胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)といいます。

首の前に腕神経叢という腕にいく神経の束や
鎖骨の下にある鎖骨下動脈・静脈
の圧迫があると腕全体がしびれるような重だるい感じが起こります。

【なにで圧迫しているの?】

これは筋肉の緊張や骨の隙間が少なくなり

・神経の伝達が上手くいかない

・血流が悪くなることにより循環が悪くなる

ことが考えられます。

つまり、筋肉を柔らかくすることや骨の隙間を作ってあげることが重要です。

筋肉はマッサージなどでも柔らかくなります。
骨の隙間は!?と思いますよね。
これも筋肉が柔らかくなることで隙間が出来るので安心してください。
もちろん骨の動きを作ることも重要です。

【自宅でも出来るセルフケア3選】

まずは硬くなった筋肉を改善させていきましょう。

①小胸筋マッサージ

鎖骨のすぐ下に隙間を作るイメージでマッサージをしていきます。
胸を張った状態で人差し指と中指で
鎖骨のすぐ下の真ん中をグーと押します。
押したまま鎖骨に沿って横に滑らせてマッサージします。

②首のストレッチ(斜角筋)

腕にいく神経は前斜角筋・中斜角筋という首の前にある筋肉を通ります。
その筋肉は勿論ですが、首全体のストレッチを入れていきましょう。

・椅子に座り右手は横に垂らします
・左手で右耳を持つように添えます
・首を左斜め下に傾け → 次は左に傾け → 左斜め上に傾ける
これを各30秒ずつおこないます
※首は繊細な部分なので絶対に無理に伸ばさないでください
とくに斜め後ろは痛めやすいので注意してください

逆側は動作を反対にしてください(必ず両方やってください)

③骨の動きを作る運動

普段使わずに固くなっている骨を動かす運動です。

立った状態で
・肘を曲げ肩を横に開きます
・手の甲同士を合わせて胸の中心に指先が来るように
出来るだけ丸くなりそこで一気に息をフッと吐く
・次は肘や腕はそのまま胸を大きく張るようにします
出来るだけ張ったらフッと一気に息を吐く
これを15回やります。

【まとめ】

胸郭出口は手術をすることもある程、厄介な症状です。

デスクワークの女性に多く診られる症状のため、
肩こりを持つ方がほとんどです。
早くからストレッチをしたり動かしたりして血流を良くしないといけません。

けど肩こりってもうどうにもならないと思いますよね!?
正直プロに頼むのが一番です。
あなたにとって必要なアドバイスをあげることも出来るので、
悩まないで是非ご相談ください。

放っておいて重症化する症状のひとつです。
実は冒頭にも書きましたが、電車のつり革をもっていてしびれる
というのは胸郭出口の検査方法でもあるんです。

もし、つり革を持ってしびれのある方は、
胸郭出口の初期症状かもしれません。
このような症状のお持ちの方は是非、セルフケアをやってみてください。

ただし、どうしても辛い場合は無理せず私にご相談ください。

【柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 徳田眞一 監修】

 

友だち追加
※LINE@からのご相談やご予約も可能です(友だち追加をクリック!!)

ご予約についてはこちらから

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
鎌倉市 七里ヶ浜 で 肩こり 腰痛 骨盤矯正 骨格矯正 整体 なら

~ さんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院 ~

コンセプトは
『新しく達成したい!出来るようになりたい!!という目標達成の手助けをする』

柔道整復師・はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師
4つの厚生労働大臣認可の国家資格を持ち、

大阪・兵庫・京都・神奈川の鍼灸 整骨院をはじめ整形外科など
臨床経験10年以上の院長が全て施術に入ります

今あなたにとって必要な施術を選択し、
“その場かぎり”の治療ではなく原因を治療する<オーダーメイド治療>を心掛けています
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
〒248-0025
鎌倉市七里ガ浜東4丁目2-13
📞0467-53-9961
さんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院
アクセス