大掃除を頼まれるお父さんへ ギックリ腰予防法!!

神奈川県鎌倉市七里ガ浜にあるさんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院院長の徳田です。

年末は綺麗な家で迎えたいですよね。
そのためには、大掃除をしないといけません。
普段から掃除はしていても、大掃除のときにしかやらない場所ってありますよね!?

そんな、掃除になれていないお父さんに向けた内容です。
もちろん、お母さんも参考にしてくださいね。

お風呂の壁掃除

換気扇の掃除

棚の上の掃除

手を伸ばして拭き掃除

翌日、筋肉痛…
いや、3日後ですかね。

と慣れない大掃除の翌日って疲れや筋肉痛が残ったりしませんか?

実はそんな違和感を放っておくと、
1週間後ギックリ腰ってことになるかもしれません。

【皆さんが思っているギックリ腰のイメージ】

大掃除中に、グキッ!!
重い荷物を持ってグキッ!!
顔を洗おうと前に屈んでグキッ!!

なんてイメージがありませんか?

実はぎっくり腰になるときって、
もちろん急になることもあります。

しかし、ギックリ腰になったときから1週間くらい遡ると…

大掃除をした
重い荷物を持った
子供と遊んだ

などなど筋肉痛や違和感が残っていることが多いんです。

その違和感を放っておいた結果、
何てことない床の荷物を拾おうとして痛めたり
くしゃみや咳でギックリ腰なんてことになるんです。

つまり、ギックリ腰になるときって、
その場の原因もあるかもしれませんが、過去に原因が潜んでいることもあるんです。

 

【ではギックリ腰にならないようにするには…】

これは正直に言って完全な予防はありません。
いくらケアをしていても、ぎっくり腰は起こります。

ただし、ケアをしているのと、していないのとでは、
ギックリ腰になったときの痛みや、治りが全然違ってきます。

つまり、普段からケアをしておく方がいいという訳ですが、
なかなかケアするのは…
忙しいから…
15分も時間ない訳じゃないけど…
掃除や仕事終わったら横になりたいし…

というのが本音ですよね。
私もそうです。

しかし、先ほども書いたようにギックリ腰になるときって、
1週間くらい遡ると原因となるものがあったりします。

つまり、大掃除やいつもより動いたり、力仕事をしたときは、
かならず、その日のうちにケアをしましょう!!

疲労や違和感を残さないようにすることが重要です。

その疲労や違和感を放っておいて生活していると、
ギックリ腰になる可能性は上がります。

 

【そもそも筋肉痛ってなに!?】

簡単にいうと凄く小さな肉離れです。

肉離れを起こしたら、どうしますか?
さすがに治療したりしませんか?

筋肉は無数の糸みたいなゴムの集まりです。
その糸が運動などの刺激により傷がつき、
その修復過程で筋肉痛という痛みを感じます。

糸は修復過程で太くなるため、
筋トレをすると筋肉が太く大きくなるという訳です。

さすがに筋肉痛で包帯固定なんてする方はいないと思いますが、
肉離れをしたときには、包帯で圧迫したり鍼をしたりします。

つまり、筋肉痛もケアはやっていて損はありません。

 

【大掃除で多い体勢】

大掃除は全身運動になります。

高いところへ手を伸ばし
中腰になり
しゃがんで掃除

というように高い所から低いところまで様々な運動をします。

全体的なケアが必要になってくるんです。

では、実際にどこをケアすればいいのでしょう?

ギックリ腰予防だから腰のストレッチだな!!
と思うのが普通ですよね!?

しかし、腰の負担は実は足なども影響します。

例で言うなら、
長時間歩いた数日後、ぎっくり腰!!

というのも多いギックリ腰の1つです。

つまり、全体的な筋肉をケアする必要があります。

 

【セルフケア】

今回はストレッチをご紹介します。
方法はとても簡単です。
しかし、ほとんどの患者さんはストレッチ方法は知っていても、
どれをやればいいかを知らないんです。

それをご紹介したいと思います。

はじめにストレッチは絶対に無理に伸ばさないこと
痛いと思った所から少し戻した程度からはじめること
10秒くらい伸ばしただけでは、あまり伸びていません。
目安は30秒×3セット
というようなことに注意し行ってくださいね。

では、やっていきましょう。
ストレッチの流れです。

①バンザイストレッチ
②裏ももやふくらはぎのストレッチ
③腰のストレッチ
④お尻のストレッチ
⑤前もものストレッチ

という流れでやっていきます。

①~④は仰向け
⑤はうつ伏せで行います。

①バンザイはそのままですが、写真の様に指先から足先までしっかりと伸ばします。

②バスタオルを用意し、足の裏にタオルを引っかけ、
膝を伸ばしたまま、頭の方へつま先を近づけます。
その時に、足首を上に向けるようにすると更に伸びます。

③片方の足を立て、もう片方は伸ばします。
立てた側の足首を逆の膝の外側へくるようにクロスします。
そのまま腰を捻るようにして腰のストレッチをします。

後ろからみるとこんな感じです。

④片側の足は伸ばし、もう片方の膝を胸の前で抱きかかえるように曲げます。
そのまま反対の肩へ向けて曲げます。

⑤うつ伏せになり、足首を持ち踵(かかと)をお尻に付けるように曲げます。

 

これらで全てが良くなる訳では、ありません。
しかし、大掃除の後は筋肉も疲労を起こしているため、
是非やってみてください。

 

【まとめ】

普段から身体を動かしている方は、
大掃除をしても問題ないかもしれません。

自分に限ってギックリ腰なんて…
と思っていてギックリ腰になったという方って、
実は治療院で働いていると多いんですよ。

是非、いつもよりも動いたり、動かしたときには、
普段から運動されている方も、していない方も、
セルフケアをやってみてください。

もちろん今回は掃除に慣れていないお父さんに書きましたが、
お母さんもやってくださいね。

大掃除ご苦労様です。
家を綺麗にして良いお年をお迎えください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

【柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 徳田眞一 監修】

 

 

友だち追加
※LINEからご相談・ご予約が可能です(友だち追加をクリック!!)

ご予約についてはこちらから

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
鎌倉市 七里ヶ浜 で 肩こり 腰痛 骨盤矯正 骨格矯正 整体 なら

~ さんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院 ~

コンセプトは
『新しく達成したい!出来るようになりたい!!という目標に向けて手助けする』

柔道整復師・はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師
4つの厚生労働大臣認可の国家資格を持ち、

大阪・兵庫・京都・神奈川の鍼灸 整骨院をはじめ整形外科など
臨床経験10年以上の院長が全て施術に入ります

今あなたにとって必要な施術を選択し、
“その場かぎり”の治療ではなく原因を治療する<オーダーメイド治療>を心掛けています
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
〒248-0025
鎌倉市七里ガ浜東4丁目2-13
📞0467-53-9961
さんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院
アクセス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA