【動画あり】歯を食いしばるクセによる頭痛や肩こりでお悩みの方へ セルフケア3選

イライラしてグーと噛んでしまう
気付いたら歯を食いしばってしまう
仕事中にあっまたやってしまった
睡眠中は歯ぎしりをしたり

と歯を食いしばるクセをお持ちの方は多いのではありませんか?

悩んでいるのは、あなただけじゃありませんよ。
日本人の4人に1人と言われるくらいです。
当院へ通う患者さんの頭痛や肩こりをお持ちの方も、
このクセをお持ちの方がたくさんおられますので、
安心してくださいね。

今日はそんなクセのある方のセルフケア3選をお伝えします。

【食いしばってしまう癖について】

原因はストレスや緊張状態、集中しているときに起こりやすいと言われています。
この噛みしめるクセのことを歯列接触癖(TCH)と言います。

また授乳中や夜泣きなど赤ちゃんのおられるお母さんにも多いそうです。
育児でのストレスはもちろん、子育てで集中することも多く、
気付くと歯を食いしばっていることもあるそうです。
お風呂にもゆっくり入れませんよね!?リラックスできる時間も少ないですよね!?
少しでも気持ちを落ち着かせてあげることも大切です。
是非、セルフケアもやってみてくださいね。

◇人間の噛む力はどれくらい?

歯で噛む力は体重と同じくらいの強さと言われています。
つまり、50㌔の人で50㌔くらい噛めるそうです。
常にこの力で噛んでいるという訳ではありませんが、
かなりの強さということはお分かりいただけるでしょうか?

◇一日で歯と歯が合わさる時間は?

ごはんを食べたり、話したりすると歯が合わさりますが、
一日でどのくらいの時間かご存知ですか?

正解は・・・

約17分だそうです。

意外と少ないのかな?という印象ですかね。

しかし、歯を食いしばるクセをお持ちの方はこの時間が増えることになります。

◇食いしばるとどうなるの?

歯が擦れて欠けたり、ボロボロになるのは想像できますが、
肩こりや頭痛の原因にもなります。

【なんで頭痛が起こるの?】

噛みしめる力は先ほども書いたようにとても強いものになります。
では噛むのは何を使って口を閉じていると思いますか?

それは筋肉です。

噛んだりすると筋肉が疲労を起こします。
ガムを噛み続けると顎が疲れませんか?
それと同じようなことです。

筋肉が硬くなることで血流が悪くなり、酸素が運ばれる量が減ります。
すると酸欠になった筋肉は乳酸という疲労物質をだします。
乳酸は筋肉を刺激し痛み物質を出します。

つまり、食いしばることで筋肉が硬くなり痛みが生じ、
頭の圧迫が強くなるため頭痛が出てしまいます。

では噛むときにはどの筋肉を使うんでしょうか?

◆側頭筋

『こめかみ』に位置します。
場所としては耳の上あたりです。
こめかみというくらいなので、米を噛むときに使います。

◆咬筋

これは頬の骨から耳の穴へ指で辿っていき、
歯を食いしばると動くところが触れると思います。
ここが最も歯を食いしばると使う筋肉です。

これらの筋肉を柔らかくする必要があります。

【なんで肩こりが起こるの?】

噛むことで顎にも負担を掛けています。
耳たぶの後ろ辺りにある窪みに人差し指を軽く当てて、
口を開けてみてください。
窪みが深くなるのは分かりますか?

何を言いたいかというと、噛むクセがある方は顎を疲れさせます。
人差し指で触ってもらった部分がちょうど顎の後ろとなります。

顎が疲れると耳の後ろの筋肉が硬くなってきます。
その筋肉は胸鎖乳突筋という首を支える筋肉です。
首が疲れると背中などにも負担が掛かり、肩凝りとなってしまいます。

つまり、首の筋肉も柔らかくする必要があります。

【セルフケア3選】

では先程の筋肉を柔らかくする方法をご紹介します。

◇側頭筋のマッサージ
人差し指・中指・薬指の3本で円を描くようにマッサージをします
こめかみから耳の上、耳の後ろと耳の周辺をほぐしていきます。
ここは顎関節症の方にも有効ですよ。

◇咬筋
これも同じように3本の指で鼻の横から頬の下を辿って、
こめかみ辺りに来たら下へ下がって下顎くらいまでマッサージします。

◇耳の後ろの筋肉を伸ばす(胸鎖乳突筋)
右手で頭の上から左耳に手の平で触れます
そのまま首を右側へ傾けます(反対側は逆の動作になります)

詳しくは動画をご覧ください。


いかがでしょうか?
食いしばるクセのある方は、痛気持ち良くないですか?

マッサージやストレッチをするだけでも、改善します。
それだけ筋肉が疲れているんです。

【まとめ】

歯を噛みしめるクセのある方は、頭や首の筋肉が硬くなります。
普段から意識づけが必要だそうです。
目のつくところにメモを書いておき、
食いしばってしまったと思ったら止めるなどから始めるのもいいそうです。
なかなかクセを治すことは難しいです。

しかし、硬くなった筋肉を緩めることは、セルフケアで可能です。
頭痛や肩こりをお持ちの方は是非やってみてください。

顔の筋肉は表情筋と言われますが、
接客業の方や人と接するお仕事の方は笑顔もたくさんすることでしょう。

案外、顔の筋肉も疲れているので、セルフマッサージもいいかもしれませんよ。

それでもなかなか頭痛や肩こりの症状が改善しない方は当院へご相談ください。

【柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 徳田眞一 監修】

 

友だち追加
※LINE@からのご相談やご予約も可能です(友だち追加をクリック!!)

ご予約についてはこちらから

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
鎌倉市 七里ヶ浜 で 肩こり 腰痛 骨盤矯正 骨格矯正 整体 なら

~ さんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院 ~

コンセプトは
『新しく達成したい!出来るようになりたい!!という目標に向かって手助けする』

柔道整復師・はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師
4つの厚生労働大臣認可の国家資格を持ち、

大阪・兵庫・京都・神奈川の鍼灸 整骨院をはじめ整形外科など
臨床経験10年以上の院長が全て施術に入ります

今あなたにとって必要な施術を選択し、
“その場かぎり”の治療ではなく原因を治療する<オーダーメイド治療>を心掛けています
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
〒248-0025
鎌倉市七里ガ浜東4丁目2-13
📞0467-53-9961
さんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院
アクセス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA