そういえば産後からお尻の真ん中が痛い…そんな頑張るお母さんへ

産後は育児で忙しく自分のことは後回し
少し子供の手が離れたと思ったら洗濯や家事
子供も大きくなって抱っこすると腰が痛い
お風呂ゆっくり入って温まりたいけど子供もいるし

とお悩みのお母さんへ

 

【なぜ産後からお尻の真ん中が痛いの!?原因は○○!!】

今は産後の骨盤やら○○ベルトやら沢山紹介されていますよね!?
確かに原因は骨盤にあります。

では、なぜ産後に痛くなるのでしょうか?

赤ちゃんは、お母さんのお腹から出るために産道を通ります。
お母さんもその準備として、徐々に産道を広げようとします。

臨月の時を想像してみてください。
お腹が出てきて、腰を反ってガニ股で歩いていませんでしたか?
この動作こそが骨盤を開く動作になっているんです。
つまり、原因は股関節にもあることになります。

私の院でも産後の骨盤矯正をやっております。
その際に、股関節の矯正は不可欠です。

産後は先程も書いたように、骨盤が開きます。
開いたままでも徐々に戻るのは事実です。

しかし、妊娠中って無理な体勢でしたよね!?
腰を反ったり椅子に寝そべったように座ったり様々です。
実は出産後も同じような姿勢の場合が多いです。
授乳やミルクをあげるときに寝そべって座ったり
夜泣きで無理な体勢で抱っこして
胡坐かいて抱っこしたり
つまり、ズレた状態で骨盤が閉じてしまいます。

では、なぜお尻の真ん中が痛いのでしょうか!?
それは、仙腸関節という関節が悪さをしている可能性があります。
ここは、胡坐をかいたりすると負担が多くなる部分です。
では、この後にチェック方法です。

【○○のチェック方法】

①パトリックテスト

股関節が開く動作というのは、仙腸関節にも負担を掛けることになります
これは仙腸関節の異常を調べる検査方法です。
まずは仰向けで寝ましょう。
片方の足をもう片方の膝にかけ、足を組むように広げます
※これで痛みがお尻の真ん中にあれば仙腸関節痛の可能性ありです
これがお尻の真ん中が痛い原因かもしれません

②仰向けで股関節の開き

仰向けで寝ましょう
特に意識をせずにダラーンと寝た時の股関節の開きを診ましょう
股関節の開きはつま先に注目してみてください
右の方が開いていませんか?
この様に片側が開いている方は、股関節が開いています

③体重の重心

家事や料理を作っている際に、どちらかの足に体重を掛けていませんか?
実は体重の掛けている側に、骨盤はズレる傾向があります。
図のようにどちらかに体重をかけ、もう片方の足が外に向いていませんか?
※図で言うと左が荷重で右のつま先が外に向いています

④骨盤チェック

胸の前で肘を伸ばした状態で手の平同士を合わせます
そのまま体を左右に捻じってみましょう
左右で捻じれる角度が違いませんか?
これは骨盤のズレがあります

【まとめ】

これらの①~④で自覚がある方は、お尻の真ん中に痛みがある方や腰痛があるかも知れません。
骨盤がズレているために、荷重が変わっていたり、腰やお尻だけじゃなくて、
肩凝りなども、あるんじゃないでしょうか?
骨盤は、だるま落としと同じような感じです。
下の土台がしっかりしていないと、上もグラグラとなります。
ズレたまま放っておくと、他の部分に負担がかかり痛みの場所が増えたり不バランスになります。

当院は、そのため痛みの部分だけにフォーカスせず、
身体全体の状態を診るという施術内容です。
ボキボキという矯正ではありませんので、ご安心ください。

これらの症状がある方は、早めに私にご相談ください。

【柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 徳田眞一 監修】

 

友だち追加
※LINE@からのご相談やご予約も可能です(友だち追加をクリック!!)

ご予約についてはこちらから

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
鎌倉市 七里ヶ浜 で 肩こり 腰痛 骨盤矯正 骨格矯正 整体 なら

~ さんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院 ~

コンセプトは
『新しく達成したい!出来るようになりたい!!という目標に向かって手助けする』

柔道整復師・はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師
4つの厚生労働大臣認可の国家資格を持ち、

大阪・兵庫・京都・神奈川の鍼灸 整骨院をはじめ整形外科など
臨床経験10年以上の院長が全て施術に入ります

今あなたにとって必要な施術を選択し、
“その場かぎり”の治療ではなく原因を治療する<オーダーメイド治療>を心掛けています
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
〒248-0025
鎌倉市七里ガ浜東4丁目2-13
📞0467-53-9961
さんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院
アクセス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA