寒い中、立っているときの注意点

神奈川県鎌倉市七里ガ浜にあるさんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院院長の徳田です。

テーマパークのアトラクション
子供の発表会で長時間並んだり
行列のできるお店に並んだり
スーパーの安売りで並んだり
新しい物が販売されると並んでいるニュースも目にします

最近、立て続けに並ぶ機会があったので、
その際の、注意点について書いていきたいと思います。

実は、今並んでいる最中で、
人間観察をしながら書いております。

スマホに保存していて書いたことを忘れておりましたので公開します。

もし、お時間ありましたらお読みください。

 

【行列に並んでいると・・・】

歩いているときには、あちこちの筋肉を適度に使うため疲労はあるものの、
分散されることが多いんです。

しかし、行列のような同じ場所に並ぶのは、どうでしょうか?
同じ筋肉ばかり使うことで筋肉にストレスが加わる箇所が限定されてきます。

すると、痛みが発生することもあります。

今、人間観察していると…

椅子を準備して丸くなって座っている方
椅子に座りながらスマホをして頭が下に下がっている方
椅子に座り足を組んでいる方

圧倒的に多いのが、立っている方です。
片足に重心を乗せて反対側の足は開いている
身体を丸めて小さくなりスマホを見ている方
仁王立ちの方

と色んな方がいます。

今回は、私が実際に並んだ画像ではありませんが、
プロから見てどう悪いのか見ていきましょう。

 

【まずは画像をご覧ください】

数人に絞って、の付いた方は何が悪いと思いますか?

 

 

【答え合わせ】

①足をクロスして立っている
②足を組んで座っている
③右荷重で左足は外へ開いている
④右荷重で左足は外へ開いている

とまぁー③と④は同じ姿勢というのは分かりますよね?

実は①と②も同じなんですよ!!
立って足をクロスしているのは、座って足を組んでいるのと同じです。

当院でも、骨盤矯正をする際に
『足とか組みます?』と質問すると組んでいませんという方も多いです。

しかし、夜寝るときに足をクロスして寝ていたり、
椅子に座っているときも足をクロスしていたりしてませんか?

実は、足のクロスも原因となることも多いんです。

【体勢について】

座って足を組んだり
立って足をクロスしたり
立って片足に体重を掛け 、もう片方の爪先は外を向いている

何が言いたいかというと、
この体勢を続けると骨盤の歪みに繋がるということです。

皆さんは、荷重足と非荷重足を意識されたことがありますか?

足を組むときに、
どちらかの足を上の方が組みやすいというのは、ありませんか?

気付いたらこっちに体重を掛けてるということはありませんか?

これも、人間のクセです。
つまり、いつも同じように足を組んだり、
同じ側に体重を掛けて立っていると
骨盤は徐々にあなたの姿勢に合わせたようになります。

もちろん、これは良い方向にではなく、悪い方向にです。

【骨盤の歪みをチェックするとき】

骨盤の歪みをチェックする際の、基準の1つに
踵(かかと)の先端の長さでチェックする方法があります。

ではこのチェックで診ると、
荷重側の足、非荷重側の足の長さはどうなると思いますか?

荷重側の足が短くなり、
非荷重側の足が長くなります。

骨が短くなるの?
と思われる方もいるかもしれませんが、そういう訳ではありません。

骨の長さは、同じです。
骨盤の捻れや動きが悪くなることで、
股関節が引き上げられ足が短く見えるんです。

つまり、皆さんが一度は耳にしたことがある。
骨盤の歪みに繋がるというわけです。

 

【骨盤の歪みの影響】

骨盤の歪み自体は無症状のことが多いです。
しかし、動きの悪い関節は痛みを伴ったり、
動きが悪いにも関わらず、無理に動かしたりすると痛みの原因ともなります。

他にも、動きが悪くなると庇いや修正による痛みが生じます。
仮に、膝が曲がらないようにガッツリ固定をした状態で歩くとどうなると思いますか?

反対の足に痛みを伴うと思いませんか?
つまり、関節の動きや骨盤の動きが悪いと他の部分でカバーをし、
動きの悪いところはもちろん、関係のないところまで痛みを伴うことにもなります。

【注意点】

外の寒いところで並ぶと、寒くて身体全体に力が入ります。
その中でも、肩をすくめてしまい、首肩が辛いという方も多いでしょう。
そんな方は、こちらのブログをご覧ください。

寒いと耳の血流がわるくなり頭痛がでることがあります。
もともと耳は血流が悪くなりやすいため、冷たいのに外にいると余計にそうです。

そんな方はこちらのブログをご覧ください。

 

注意点は…

・防寒をしっかりする
・荷重は左右バランスよく掛けたり、仁王立ちを入れたりする
・足を組まない、足をクロスさせない
・ももを上げたり、肩を動かしたり少しでも身体を動かす
・自宅へ帰ったら、冷えた身体をしっかりと温める

と基本的なことですが、長時間になると小さいことが大きくなります。

 

【まとめ】

私は行列に並ぶのは、もちろん好きではありません。
しかし、子どものためなど並ばないといけないことも多々あると思います。

その場の負担も減りますが、
翌日の疲労感なども違うと思いますので、是非注意点も参考にしてみてください。

寒い中で、長時間並んでいて坐骨神経痛になってしまったという患者様も来られました。

元々、眠っていた症状が冷えや長時間の無理な体勢で出てしまうことも多いので、
寒い中で並ばないといけないときには、お気をつけください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

【柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 徳田眞一 監修】

 

 

友だち追加
※LINEからご相談・ご予約が可能です(友だち追加をクリック!!)

ご予約についてはこちらから

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
鎌倉市 七里ヶ浜 で 肩こり 腰痛 骨盤矯正 骨格矯正 整体 なら

~ さんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院 ~

コンセプトは
『新しく達成したい!出来るようになりたい!!という目標に向けて手助けする』

柔道整復師・はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師
4つの厚生労働大臣認可の国家資格を持ち、

大阪・兵庫・京都・神奈川の鍼灸 整骨院をはじめ整形外科など
臨床経験10年以上の院長が全て施術に入ります

今あなたにとって必要な施術を選択し、
“その場かぎり”の治療ではなく原因を治療する<オーダーメイド治療>を心掛けています
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
〒248-0025
鎌倉市七里ガ浜東4丁目2-13
0467-53-9961
さんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院
アクセス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA