歩くと左膝裏の張り感が取れない!!そんなお悩みの方へセルフケアをお伝えします

神奈川県鎌倉市七里ガ浜にあるさんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院院長の徳田です。

歩くと膝裏に痛みがある

立っていても、すぐに膝裏が張る

最近、何もないところでよく躓く

階段などで踏ん張ると力が抜けるような…

屈んだりすると膝裏が痛い

階段の下りで膝の後ろが痛い

下り坂を歩いたり走ったりすると膝の裏に違和感

なんて思われている方はいませんか?

そんな、お悩みをお持ちの方はお時間があるときに読んでみてください。

 

【なんで膝の裏に痛みが出るの!?】

膝の裏が伸びていることが原因です。

膝が伸びて歩く
   ↓
足が引きずって歩く
   ↓
ももが上がっていない
   ↓
何もないところで躓く

となるんです。

では、膝が伸びているときは、何が起こっているのでしょう?

まずは膝のクッションを使えていない状態です。
つまり、歩いているときの地面からの衝撃が分散できていないんです。

仮に少し高めの段差をジャンプして両足で着地したとします。

①膝を伸ばしたまま着地

②膝を軽く曲げて着地

どちらが衝撃が少ないと思いますか?

②の膝を軽く曲げたほうですよね。

歩いているとき膝が棒のように伸びきっていると膝に負担が掛かるんです。
しかし、膝が痛いときって擦って歩いてしまいませんか?

つまり、擦って歩くということは膝が伸びていて膝裏に負担となります。
膝が痛いときに、あまりにも庇い過ぎると余計に負担を掛けてしまっていることもあるんです。

 

【膝の裏の筋肉は!?】

膝窩筋(しつかきん)です。
この筋肉は膝を曲げたり、脛骨(スネの骨)を内側へ捻る動きに使われます。

逆にいうと、膝を伸ばしたときや脛骨を外側へ捻じると最も伸びた状態となります。

筋肉は伸ばされ続くけると、反対に縮まろうとする性質があります。
つまり、膝を伸ばしたまま歩くと膝窩筋は緊張してしまうことになります。

膝窩筋の緊張があると、膝を曲げたり、しゃがんだり、正座をすると
痛みや何かが挟まっているような違和感が起こります。

他にも下り坂や階段の下りで痛みを伴います。

先程も書いたように、膝窩筋が縮まると膝を曲げることができます。
しかし、実は120°以上膝を曲げる(正座など)と膝窩筋は縮まるのではなく、
伸びているという論文もあります。

膝窩筋は伸ばされたときに違和感を覚えることが多いんです。

つまり、

・膝が伸びたまま、歩いているとき
・正座や膝を強く曲げるとき

に膝窩筋は伸ばされ痛みや違和感が出ているんです。

 

【歩き方・立ち方を意識してみよう!!】

膝の痛みがあるとどうしても庇ってしまうため、
治療することは、もちろんですが、歩き方や立ち方を変えることも大切です。

《歩き方》

ももを上げて歩くことです。
実はももを上げて歩くと自然と地面に足が着いた時に、膝が軽く曲がります。

すると、膝裏が伸びた状態で着地しないため、緊張が少なくなります。

《立ち方》

こんな立ち方していませんか?
片足に体重を掛けて、反対の足のつま先は外へ開いている。

この立ち方は、明らかに左膝が伸びていませんか?
実はこの立ち方は、骨盤の歪みや動きの制限が出やすくなります。

なぜ、タイトルが左膝裏なのか?
その答えが、写真のような立ち方にあります。

人間には、荷重足と非荷重足というものがあります。
写真のような立ち方は、左荷重となります。

実は、少し意識すると分かるかも知れませんが、
気付いたらどちらかに体重を掛けていることがほとんどです。

これが、あたなのクセです。
すると、骨盤が歪みます。

詳しい内容は、こちらのブログをご覧ください。

今回のセルフケアと似ている点があることに気づくと思います。

 

【セルフケア】

膝窩筋は単独で硬くなるのではなく、
大腿二頭筋や腓腹筋が関係し痛みや違和感を出していると言われております。

つまり、膝窩筋の改善には大腿二頭筋と腓腹筋も重要です。
そんな難しいこと言われても…と思われそうなので、
詳しくみていきましょう。

大腿二頭筋は裏もも(ハムストリングス)の外側に着いている筋肉です。
腓腹筋はふくらはぎの筋肉です。

つまり、膝窩筋はこれらの筋肉に挟まれていることになり、
これらの筋肉の緊張や柔軟性が低下すると、
膝窩筋に負担となります。

膝窩筋の負担を減らすには…
大腿二頭筋と腓腹筋の緊張を和らげてあげる必要があります。

長くなりましたが、セルフケアを見ていきましょう。

方法はとても簡単です。

①バスタオルを準備します
②仰向けで寝て、タオルを足裏を通るように引っかけます
③膝を伸ばしたまま、つま先を頭の方へ近づけます
④この時少し足首を上に向けると更に伸びる感じがします

このストレッチにより、
大腿二頭筋と腓腹筋、膝窩筋の全てを伸ばすことができます。
一石三鳥です。

※ストレッチは無理に伸ばすと痛めることもあります。適度に行ってください。

やり方がいまいち理解しにくい方は、こちらの動画をご覧ください。

 

【まとめ】

膝裏が痛いと感じた時には、膝窩筋が原因と判断されやすいんですが、
実は大腿二頭筋や腓腹筋が関係していました。

筋肉というのは、直接は繋がっていなくても、
筋膜という筋肉を覆う膜で繋がっています。

つまり、痛みのある個所だけを治療しても良くならないんです。

膝の裏に痛みや違和感のある方は、是非セルフケアをやってみてください。

膝の裏が張る原因は、膝の痛みが原因で起こることもあります。
半月板に異常のある方は、特に膝の裏を気にされる方も多いです。

もし、膝や膝の後ろの痛みがなかなか取れないという方は、
当院へご相談ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

【柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 徳田眞一 監修】

 

友だち追加
※LINEからご相談・ご予約が可能です(友だち追加をクリック!!)

ご予約についてはこちらから

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
鎌倉市 七里ヶ浜 で 肩こり 腰痛 骨盤矯正 骨格矯正 整体 なら

~ さんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院 ~

コンセプトは
『新しく達成したい!出来るようになりたい!!という目標に向けて手助けする』

柔道整復師・はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師
4つの厚生労働大臣認可の国家資格を持ち、

大阪・兵庫・京都・神奈川の鍼灸 整骨院をはじめ整形外科など
臨床経験10年以上の院長が全て施術に入ります

今あなたにとって必要な施術を選択し、
“その場かぎり”の治療ではなく原因を治療する<オーダーメイド治療>を心掛けています
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
〒248-0025
鎌倉市七里ガ浜東4丁目2-13
📞0467-53-9961
さんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院
アクセス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA