歯が痛いのかな!?と思って歯医者に行ったら異常なし!!それは肩凝りかもしれません。

あれー歯が痛いというか浮いたような…

歯を食いしばるクセもあるから、そのせいかな…

最近、肩も凝るな…

目も疲れるし、頭痛もする…

歯磨きしてても何かがおかしい…

歯医者に行っても異常なし!!

そんな症状でお悩みの方はいませんか?

実は肩凝りで歯が浮いたような症状がでるんです。

今回はそんなお悩みの方へ書いていきたいと思います。

 

【なんで肩こりで歯にくるの?】

かき氷や冷たいものを食べて頭がキーンとすることってありませんか?
実はこれとメカニズムが似ています。

このような現象を『関連痛や放散痛』といいますが、
原因となった部分とは違う場所に痛みが生じる現象です。

つまり、肩が凝ることで痛みが歯にきていることになります。

歯が痛くなって肩が凝るという方もおられますが、
今回は肩凝りから歯が浮いたように感じるあなたへ向けて書いていきます。

 

【肩凝りや首凝りで歯が痛くなる原因は!?】

肩コリや首コリは筋肉が硬く血流が悪くなった状態です。
肩凝りは症状であり原因ではありません。

肩凝りをお持ちのあなたは

姿勢の悪さを誰かに指摘されたことはありませんか?
うつ伏せで寝たりしていませんか?
頬杖をしていませんか?
歯を噛み締めるクセはありませんか?
デスクワークは多くありませんか?
最近、本をたくさん読んだりしてませんか?
スマホの姿勢はどうでしょう?

というように姿勢が悪い方は前傾姿勢となり、
首は下へ下がり、背中も丸くなります。

首は真っすぐの状態なら首の骨が支えてくれますが、
姿勢の悪さで前に倒れると、何に負担が掛かると思いますか?

筋肉です。
すると首の筋肉も硬くなり肩こりや首こりの始まりです。

さらに下を向いた状態は下の顎が後ろへ引っ張られる状態となり、
噛み合わせに異常が起こることもあります。

つまり、姿勢の改善も肩こり、首こりの改善となり、
歯の浮いた感じも取れやすくなります。

 

【具体的にどこの筋肉なの?】

姿勢が悪く前に傾いていると首の筋肉が硬くなります。
今回、注目する筋肉は口をイーとしたときに首の前に出る筋張った筋肉です。
広頚筋(こうけいきん)と言います。

では一度ご自身でも押してみましょう。
場所は耳たぶの下を辿り顎の角(下顎角)が分かりますか?
その少し前あたりで口をイーとすると固くなる筋肉があります。

もう1つは、先ほどの筋肉の少し上にあり、
歯をグーと噛むと盛り上がってくる筋肉です。
咬筋(こうきん)と言います。

広頚筋と咬筋を押すと案外痛くないですか?
このブログを読んでいる方は特に痛いかもしれません。

この筋肉が全てではありませんが、
当院でおこなっている美容鍼でも、この筋肉を刺します。
すると顎や歯が楽になったという声もいただきます。

美容鍼と歯の痛みでは目的が違いますが、
この筋肉の影響は大きいです。

特に歯をグーと噛み締めるクセをお持ちの方は硬くなりやすいです。
そんな方はこちらのブログをご覧ください。

 

【歯が浮いた肩こりはどんな人に多いの!?】

歯が浮いたように感じる肩凝りの方は、
常に肩こりが酷い方には少ないように感じます。

しかし、肩凝りがさらに悪化したなど症状が重くなると出たり、
肩凝り知らずの方が急に肩が張り歯が浮いたように感じるという方が、
私の臨床では多いと感じます。

いつもよりも何か作業をして肩こりになった・酷くなったという方が
このブログを読まれているかもしれませんね!?

 

【歯の痛みを感じる神経は!?】

脳神経の三叉脳神経という神経に支配されています。
この三叉神経の枝分かれが上の歯と下の歯の痛みを感じます。

その中でも半月神経節(三叉神経節)という、神経の集合点があります。

だいたい「こめかみ」あたりに存在します。

つまり、こめかみ周辺の筋肉が硬くなると歯に違和感を覚えたりする方がいます。
さらに、この三叉神経は顔の感覚の神経でもあります。
そのため顔の感覚がおかしいや何だか顔が引きずるという方もいます。

というのも踏まえセルフケアをお伝えします。

※豆知識:実は顔面神経痛という言葉は誤りで、この三叉神経が関係しています。
つまり、顔面神経痛ではなく三叉神経痛と言います。

 

【セルフケア】

①首の筋肉を伸ばすストレッチから、
片側に首を傾け、少し手で首を押します。
すると、首の横が伸びるのが分かると思います。

②広頚筋・咬筋のマッサージをしてみましょう。
顎の角(下顎角)の少し前あたりから、徐々に上に進み耳の下あたりまでマッサージします。
人差し指、中指、薬指の3本で円を描くようにマッサージします。

※優しく触れるというより少し指圧するイメージで押すと効果的です。
※美容鍼ではリフトアップでも使う場所なので、顔のたるみでお困りの方も是非!!

③三叉神経の集まりである「こめかみ」のマッサージです。
こめかみは目の外側あたりにあります。
これも3本の指で円を描くようにマッサージします。

※ここはあまり強くやり過ぎると頭痛の原因ともなりますので、
痛気持ちいい程度で調整してください。

 

【まとめ】

歯の浮いた肩こりでお悩みの方は是非セルフケアをやってみてください。
案外マッサージすると痛くありませんでしたか?
それだけ普段から顔の筋肉を使っているんです。

なんで肩こりなのにセルフケアは顔なのか?
少し疑問に思いませんか?

もちろん、
・歯の近くであるため
・歯の神経がその辺りに集中している、
ということもありますが、
実は美容鍼をやると首筋の筋肉や肩の筋肉が緩むんです。
(鍼の打つ場所によっては腰の動きも良くなります)

つまり、顔の筋肉を緩めることも肩こりから抜け出す方法の1つなんです。

今回のセルフケアは美容鍼でも使用する、
ほんの一部ですが顔周辺の筋肉は全身に影響を与えます。

肩凝りも辛いですよね?
歯に影響が出ることもあります。
頭痛やめまいなどたくさんの症状に繋がります。

もし、肩凝りや歯が浮いたように感じる方は、
当院へご相談ください。

【柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 徳田眞一 監修】

 

 

友だち追加
※LINEからご相談・ご予約が可能です(友だち追加をクリック!!)

ご予約についてはこちらから

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
鎌倉市 七里ヶ浜 で 肩こり 腰痛 骨盤矯正 骨格矯正 整体 なら

~ さんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院 ~

コンセプトは
『新しく達成したい!出来るようになりたい!!という目標に向かって手助けする』

柔道整復師・はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師
4つの厚生労働大臣認可の国家資格を持ち、

大阪・兵庫・京都・神奈川の鍼灸 整骨院をはじめ整形外科など
臨床経験10年以上の院長が全て施術に入ります

今あなたにとって必要な施術を選択し、
“その場かぎり”の治療ではなく原因を治療する<オーダーメイド治療>を心掛けています
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
〒248-0025
鎌倉市七里ガ浜東4丁目2-13
📞0467-53-9961
さんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院
アクセス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA