坐骨神経痛でお悩みの方には『鍼』が効果的です

脚・膝の痛み

長時間の通勤、朝からもう脚がだるい
お尻が痛いのに職場に着いたらデスクワーク
お尻から足にかけてしびれが気になる

長時間座りっぱなしで更に痛みやしびれが‥
立っていても臀部が辛い

胡坐をかくとしびれが‥
腰痛も出てる

そんな、坐骨神経痛でお困りの方に書いていきます。

【そもそも坐骨神経痛とは】

お尻の下に通っている 坐骨神経 が、圧迫されると 坐骨神経痛 になります。

臨床で、腰のヘルニアが原因で坐骨神経痛になる方は 約80% と言われていますが、
実際には検討の余地があると考えられています。

あなたのしびれや重ダルさは、
ピンポイントですか?それとも足全体?

実は、腰のヘルニアと坐骨神経痛のしびれには違いがあります

簡単に言うと、
原因が腰のヘルニアでしびれが出る場合、基本的にピンポイントのしびれが出ます。
例えば、前のももだけがしびれる・足の親指だけがしびれる 等。

では、坐骨神経痛は?
お尻から足全体がしびれます。
特に後ろからやや外側のももに、しびれや重だるいような症状が出ます。

つまり坐骨神経痛は、足全体に症状が出やすい ということです。

【原因は?】

なぜたくさん神経があるのに、坐骨神経が圧迫されるのかというと…

まず、坐骨神経は体で一番太い末梢神経であることです。
なんと、親指の太さくらいあります。

さらに、お尻の筋肉にはかなりの荷重がかかります。
股関節はただ歩いているだけでも、
体重の3倍の荷重がかかると言われていますので、
股関節を支えているお尻の筋肉に負荷がかかり、坐骨神経が圧迫されてしまうのです。

デスクワークの方は、なぜ坐骨神経痛になりやすいのでしょう。

これは、座ることによってお尻の筋肉が常に圧迫されるからです。

圧迫が続くと、筋肉が硬くなることは勿論のこと、
血流が悪くなることで酸欠状態になり、
神経の働きが上手くいかずに、しびれが出てしまいます。
正座でしびれる原理と似ていますよね。

でも、仕事を辞める訳にはいきません。
・こまめに立ち上がる
・少し手で支え椅子からお尻を浮かす
・クッションを敷く というようなことをするだけでも、少しは違います。

筋肉は同じ姿勢に非常に弱いんです。
しかも、座っているときのお尻の圧迫は30分が限界と言われています。
あなたは一日に何時間座っていますか?
お尻も少し圧力を抜いてあげましょう。

【なぜ鍼が効くのか!?】

神経は表面にはありません。
表面にあったらすぐしびれて大変ですよね。
神経は、奥で保護されているのです。

ですが鍼は、深部まで刺激を与えることが出来るので有効的です。
指では届かない神経も、鍼では届くことができます。
あとはツボの組み合わせで、神経痛に効果を期待できます。

でも、鍼は怖いし…
テレビで一杯刺してるのを見るだけで怖い…
何センチくらい刺さってるの?

というような恐怖心で鍼をする決心ができない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

まず皆さんが勘違いをするのは、注射針です。
注射針は薬や血液を通せるように筒状になっています。
その筒の中に私たちが打つ鍼は通るんです。
それほど細いのです。
髪の毛より少ーしだけ太い程度です。

鍼管(しんかん)というもの使います。
よくテレビで筒をトントンと叩いているのを見たことないですか?
その鍼管を使用し鍼を刺しますので、痛みはほとんどありません。

ただし、鍼特有のズーンと響くような感じは起こります。
注射をした時も、何となくズーンとしますよね?
あれと同じです。
ただし、先ほども言ったように注射針よりもかなり細いので、響きも少なく
そのうえ、ある程度コントロールできます。

鍼への恐怖より、今の症状を庇いながら生活する方がよっぽど辛いのでは…と思います。

私も初めて鍼を打ってもらったときは緊張しましたが、全然大丈夫でした。

私も、鍼が初めての方にガツガツと刺激を与えるようなことはしませんし、
どうしても無理だと思ったら、その場で違う治療法に変更します。
ちなみに、私がはりの治療をしていて、やっぱり無理です抜いてくださいと言われた事はありません。

ワンポイントアドバイスを与えるとすると、リラックスすること

坐骨神経痛は無意識のうちに庇ってしまうため、
逆の脚や腰痛など、様々な症状を呼びます。
早めに私にご相談ください。

当院は、坐骨神経痛に対しての治療は勿論、
なぜ、坐骨神経に負担がかかったのか…という原因から根本治療をします。

私も坐骨神経痛になったことがありますが、
もう何をしても辛いですよね?
座っていても立っていても寝ていても・・・

早く治療して良かったと思えますよ。
不安な方はまずはご相談ください。

最後に…

坐骨神経痛の方へおすすめのツボ

1つ紹介します。

手の小指と薬指の間から指を滑らせ止まる所
そこを少し強めに押します

※このツボは坐骨神経痛の症状が出ている反対側の手に反応が出やすいです
例)左の坐骨神経痛なら右手を押してください

【柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 徳田眞一 監修】

友だち追加
※LINE@からのご相談やご予約も可能です(友だち追加をクリック!!)

ご予約についてはこちらから

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
鎌倉市 七里ヶ浜 で 肩こり 腰痛 骨盤矯正 骨格矯正 整体 なら

~ さんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院 ~

コンセプトは
『新しく達成したい!出来るようになりたい!!という目標達成の手助けをする』

柔道整復師・はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師
4つの厚生労働大臣認可の国家資格を持ち、

大阪・兵庫・京都・神奈川の鍼灸 整骨院をはじめ整形外科など
臨床経験10年以上の院長が全て施術に入ります

今あなたにとって必要な施術を選択し、
“その場かぎり”の治療ではなく原因を治療する<オーダーメイド治療>を心掛けています
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
〒248-0025
鎌倉市七里ガ浜東4丁目2-13
📞0467-53-9961
さんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院
アクセス

タイトルとURLをコピーしました