股関節の痛みで来院される患者さまが急増中【セルフチェック】

股関節痛 患者さま 急増中股関節

<50代女性>

歩いているだけで何だか違和感が…
自粛生活で座ることが増えたせいなのか…股関節が痛む!!

<30代女性>

脚を曲げると脚の付け根に引っかかりを感じる
靴を履こうとすると痛い

<60代男性>

階段の上り下りの時に違和感がある
床に座ると痛い
胡座あぐらが出来ない

<40代男性>

サーフボードに跨って波待ちしていると股関節に違和感
最近、腰の痛みも気になる

このように、股関節痛にはたくさんの症状が出てきます!!

こんな症状って診てもらえますか?
病院でレントゲンも撮って異常なし と言われたけど

治療した方がいいですか?

というお問い合わせも増えておりますので、
今回は、股関節痛について書いていきたいと思います。

股関節の痛みでお困りの方は、最後まで読んでいただけると幸いです。

股関節痛でお悩みの方へ

股関節に掛かる力は!?

股関節は荷重関節かじゅうかんせつといって
体重(荷重)が加わりやすい関節です。

両足で立った時、
股関節には、体重の1/3の荷重が掛かると言われています。

体重60㎏の人で例えると、
片側に20㎏(左右で40㎏)もの力になります!!

片足立ちでは体重の約3倍に当たる
約180㎏もの力が加わるとも言われており、
歩くと5倍、走ると10倍という説もあります。

そんなに荷重がかかっているなんて、
怖くないですか!?

股関節に痛みを感じ、それを放っておくと…

来院される患者さまが訴える症状は?

冒頭でも書いたように、股関節の症状は様々です。
特徴としては、
立っていても座っていても、症状は出るし、
ズキズキ痛むこともあります。

当院に通う患者様の多くの声⇩
・寝返りをすると痛い
・ポキポキ・ゴキゴキ音が鳴る
・股関節をポキッと鳴らしたい
・股関節が外れるような、詰まっているような違和感がある
・階段で痛い
・あぐらが出来なくなってきた
・腰痛がある
・方向転換をすると痛む
・少しの段差をジャンプして着地すると響く
・思ったように足が前に出ないから歩きづらい
・足の爪を切るのが辛い
・靴を履く動作が痛む
・車の運転でブレーキやアクセルが辛い
・サーフィンの波待ちで股関節がつるような感覚があり、いざというときにうまく波に乗れない など、
他にもたくさんの症状が出るのが、股関節(=脚のつけ根)の痛みの特徴です。

初期症状・初期段階が重要です

股関節は、安静にするのが非常に難しい箇所です。

先ほども述べたように、
ただ立っているだけでも体重の1/3以上の荷重が掛かり、
歩いたり、走ったりすることで、さらに負担が掛かります。

かと言って、ずっと寝転んでいるわけにはいかないですよね。

初期症状であればストレッチなど、自宅でできることもあります。

しかし、痛みが強くなってからでは、
ストレッチをする動作ですら、痛みが出てしまい、
できることも限られ、悪循環になります。

そのため、早期のうちに治療が必要です。

早めの受診をお勧めする理由は?

違和感を感じた時点での、早期治療をお勧めします。

少し時間が経てばマシになるだろう!
前に他の部分も痛かったけど、気が付いたら良くなっていたし…
ちょっと様子をみてみよう!!
何て思われる方が多いのが実状ですが、
先ほども書いたように、股関節は安静にするのが難しい箇所です。

これはどこの部位の痛みでも言えることですが、
はじめは何となく治ったり、時間が経つとマシになるという方もたくさんいらっしゃいます。

しかし、そこには傷が残った状態です。
傷が残った状態は、擦り傷でいう瘡蓋かさぶた段階のようなものです。

瘡蓋って、剥がれると血が出たり、無理に剥がすと跡が残ったりしますよね。
身体の痛みも同じようなものです。

無理をすると再発したり、
何となく違和感を放っておくと傷が残り、結果的に再発することも多いです。

皆様が感じる事とは思いますが、
年齢を重ねると、治る速度は遅くなります。

さらに、
1回目より2回目、2回目より3回目…
というように傷は深くなります。(=痛みが強くなります。)

治療開始が、早期ですあればあるほど、早く治ります。

自分でできるチェック方法

今回のセルフチェックは2つに絞ります。
この2つの検査が出来なかったり、固いままにしておくと、
股関節痛はもちろん腰痛の原因にもなります。
是非チェックしてみてください。

①股関節の検査

仰向けで寝て、足首を反対の太ももの上に置き
そのまま、あぐらをかくように開いていきます。
股関節痛 セルフチェック
このとき、正常であれば、倒した脚の太ももが床に着くくらい倒れます。

異常がある場合は
・脚が倒れない
・右は倒れるが、左は倒れない などの、左右差がある
・そもそも反対のももに足を引っ掛けられない…などの症状がみられます。

②腰の検査

仰向けで立膝をします。
そのまま腰を捻り膝が左右に倒れるかチェック
(この時腰があまり浮かないように⚠)
股関節痛 セルフチェック

異常がある場合は、
・膝が床の方へ倒れない
・左右差がある
・膝と膝の間が開いてしまう などの症状がみられます。

上記2つの検査(チェック)で異常があった方は、
骨盤や腰の骨にも、影響が生じているかもしれません。
股関節痛以外に、腰痛も、感じていませんか!?

【まとめ】

当院の患者さまで最も多い年代は、40代後半〜50代の方です。

50代は、身体の変化を感じやすくなるのが一般的です。

最近なんだか疲れる
騙し騙しで生活してたけど、それも通用しなくなってきた
運動不足と分かってはいるけど仕事も忙しい
それによって筋力も落ちた
その上、体重は増えたのか、股関節に負担が増えているような…
そろそろ身体のメンテナンスをしないと… など

このようなことを感じる年代なのかもしれません。

もちろん、他の年代の方も、股関節には多くの負担が掛かっています。

治療の目安は、早めが重要です。

股関節に違和感のある方は、当院ではなくまずは整形外科でご相談していただいても結構です。

放っておかないようにだけ注意してください⚠

早めの受診をおすすめいたします。

レントゲン異常なし。
でも、痛みがなかなか軽減しない…という方は、
・股関節の検査
・腰の検査
2つの項目をチェックしてみてください。

腰の骨(腰椎)の歪みは、股関節痛の原因になります。

反対に、股関節の固さは、腰痛の原因にもなります。

この機会に、全体の歪みをチェックしてみませんか?

当院の整体は、弱い刺激で効果を出します。

お気軽にお電話ください。
さんぽ整骨院,電話,0467539961

最後までご覧いただきありがとうございました。

【柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師 徳田眞一 監修】

友だち追加
※LINEからご相談・ご予約が可能です(友だち追加をクリック!!)

ご予約についてはこちらから

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
鎌倉市 七里ヶ浜 で 肩こり 腰痛 骨盤矯正 骨格矯正 整体 なら

~ さんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院 ~

コンセプトは
『新しく達成したい!出来るようになりたい!!という目標達成への手助けをする』

柔道整復師・はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師
4つの厚生労働大臣認可の国家資格を持ち、

大阪・兵庫・京都・神奈川の鍼灸 整骨院をはじめ整形外科など
臨床経験10年以上の院長が全て施術に入ります

今あなたにとって必要な施術を選択し、
“その場かぎり”の治療ではなく原因を治療する<オーダーメイド治療>を心掛けています
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
〒248-0025
鎌倉市七里ガ浜東4丁目2-13
📞0467-53-9961
さんぽ整骨*鍼灸*マッサージ院
アクセス